皆様、ビッグニュースがついに本日発表されました。

坂本龍馬が暗殺される五日前に書いた最後の手紙が新たに発見されました。奇跡のごとく150年の眠りから目覚めました手紙の内容は福井藩と坂本龍馬が目指した新国家構想です

手紙は未開封のまま150年間保管されていたそうです。今まさに歴史の封印が解かれました。私が講演会などで主張してきた坂本龍馬と福井藩との極めて深い関わりを示す幕末史・明治維新史を塗り替えるかもしれない歴史的大発見です以下内容をとくとご覧下さいね。朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、NHKなどマスコミが大きく伝えています。

幕末の志士、坂本龍馬が慶応3(1867)年に京都で暗殺される5日前に記した直筆の書簡が見つかった。高知県が13日午後、発表した。約1カ月前に将軍、徳川慶喜が大政奉還したことを受けて福井藩の重臣に宛てた書簡で、文中には「新国家の御家計(財政)」という言葉が使われ、新政府の財政担当者への出仕を懇願している。龍馬研究の進展が期待できる一級の史料といえ、研究者は「龍馬が新しい国家の樹立を目指して活動していたことが明確になり、歴史的価値は極めて高い」と評価している。

書簡は縦16センチ、横92センチで、11月10日の日付。京都の福井藩邸に滞在していた同藩重臣、中根雪江宛てで、本文中には「龍馬」の署名があった。 大政奉還を受け、徳川家の親藩だった福井藩の前藩主、松平春嶽の京都入りを「千万の兵を得たる心中」と歓迎。龍馬は同藩士の三岡八郎(後の由利公正)を新政府の財政担当者に推挙していたが、三岡は幕府に強硬な姿勢だったため謹慎処分を受け幽閉中だった。そのため、書簡で「三岡兄の御上京が一日先に相成候得ハ新国家の御家計御成立が一日先に相成候(三岡の京都入りが1日遅れれば、新国家の財政成立が1日遅れてしまう)」と訴えている。三岡は龍馬暗殺の翌月に京都に入り、新政府の五箇条の御誓文の起草に関わったほか、初期の財政も担当した。

 龍馬の書簡で「新国家」という言葉が確認されたのは初めて。鑑定した京都国立博物館の宮川禎一上席研究員は「龍馬が死の直前まで新政府の樹立、新国家の建設に専心していたことをよく示す、貴重な史料だ。龍馬と福井藩との関係の研究も進展する」と話す。

 書簡は、大政奉還と明治維新から150年を記念して高知県が開催する歴史博覧会「志国高知・幕末維新博」のため、全国の史料を調査する中で発見された。どのように保管されていたかや発見の詳しい経緯は明らかになっていない。3月4日から県立高知城歴史博物館(高知市)で公開される。龍馬の書簡は、暗殺される2日前の11月13日の日付で海援隊士だった陸奥宗光に宛てたものが現存では最後とされる。

三浦夏樹・高知県立坂本龍馬記念館学芸員の話 「新国家」建設に向け、龍馬が尽力していたことを示すものだ。龍馬の文字の特徴は出ているが、数ある書状の中でもきれいで丁寧に書かれており、松平春嶽に見られることも意識したのでは。何よりも国家建設には財政・経済が重要で、その任を担えるのが三岡八郎(後の由利公正)だという、龍馬の考えが色濃く出ている。

■龍馬の手紙・原文

一筆啓上仕候、

此度越前老侯

御上京相被成候段

千万の兵を得たる

心中に御座候、

先生ニも諸事

御尽力御察申上候、

然るに先頃御直ニ

申上置キ三岡

八郎兄の御上京

御出仕の一件ハ急を

用する事に存候得ハ、

何卒早々御裁可

あるへく奉願候、三岡

兄の御上京が一日

先に相成候得ハ

新国家の御家

計御成立が一日先に

相成候と奉存候、

唯此所一向ニ御尽力

奉願候

     誠恐謹言

 十一月十日

          龍馬

 中根先生

    左右

 追白 今日永井玄蕃

 頭方ニ罷出候得とも

 御面会相不叶候、

 談したき天下の

 議論数々在之候ニテ

 明日又罷出候所存ニ

      御座候得ハ

 大兄御同行相叶候ハヽ

 実ニ大幸の事ニ奉存候

          再拝

(発表資料に基づく)

■龍馬の手紙・現代語訳

一筆啓上差し上げます。

このたび越前の老侯(松平春嶽)が

御上京に成られたことは

千万の兵を得たような

心持ちでございます。

先生(中根雪江)にも諸事

御尽力くださったこととお察し申し上げます。

しかしながら先頃直接

申し上げておきました三岡

八郎兄の御上京、

御出仕の一件は急を

要する事と思っておりますので

何卒早々に(福井藩の)御裁可

が下りますよう願い奉ります。三岡

兄の御上京が一日

先になったならば

新国家の御家計(財政)の

御成立が一日先に

なってしまうと考えられます。

唯、ここの所にひたすら御尽力

をお願いいたします。

       誠恐謹言

  十一月十日

          龍馬

 中根先生

        左右

 追白  今日永井玄蕃

 頭(幕府内で大政奉還を推進していた永井尚 志)方へ訪ねていったのですが

 御面会は叶いませんでした。

 (永井殿と)談じたい天下の

 議論が数々在りますので

 明日また訪ねたいと考えている

        ところですので

 大兄も御同行が叶いますならば

 実に大幸に存じます。

           再拝